サッカーキングまとめ

サッカー2chまとめのまとめを行います。

未分類

「あまりに繊細すぎた」…トルシエが見たベルギー戦の日本の脆さ

投稿日:

「あまりに繊細すぎた」…トルシエが見たベルギー戦の日本の脆さ

1

ロシア・ワールドカップ(W杯)は現地時間15日の決勝でフランスが4-2とクロアチアを下し、20年ぶり2度目の優勝を果たして幕を閉じた。元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏は中国メディア「新浪体育」の取材に応じ、ベルギー戦で2-0と一時リードしながらも2-3と逆転負けを喫した日本について「あまりに繊細すぎた」と持論を展開している。

1998年フランスW杯以来となる母国のW杯優勝を受けて、トルシエ氏は「フランスは戦術を上手く駆使していたし、デシャン監督が選手個々の個性を最大限に生かしていた」と分析。ディディエ・デシャン監督は、ブラジルのマリオ・ザガロ氏、ドイツのフランツ・ベッケンバウアー氏に次ぎ、選手と指揮官の両方でW杯制覇を成し遂げた史上3人目の人物となった。トルシエ氏もチームをまとめ上げたデシャン監督の手腕を手放しで称賛している。

そのなかで同氏は「特筆すべきはムバッペだ」と言及し、決勝でも1ゴールを挙げるなど、大会4ゴールと活躍した19歳FWキリアン・ムバッペの存在感が大きかったと指摘した。

「もしムバッペがいなければ、フランスがW杯で優勝していたかどうか分からない。ムバッペはスピードを駆使して攻撃のスペースを作り、フランスの攻撃はとても効果的に機能していた」

その一方で、2002年日韓W杯大会で日本代表を率いて史上初のベスト16進出に導いたトルシエ氏は、日本代表についても口を開き、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦について「あの試合は理解できなかった」と切り出すと、次のように続けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180719-00122960-soccermzw-socc

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

的確なツッコミ炸裂!Twitterで見かけた『最低賃金』に関する呟き

▼他国の最低賃金と比較 異邦人@Medicis1917 フォローする 読売新聞が十数円程度の最賃引上げ(現平均848円)を政権の功績として喧伝しているけれども、殆ど意味がない微々たる上げ幅で賞賛してい …

新生ミランで問題視される不穏分子4人とは? 戦力外状態も思うように放出進まず

新生ミランで問題視される不穏分子4人とは? 戦力外状態も思うように放出進まず 新シーズンに向けた移籍市場で“チャイナ・マネー”をバックに多くの選手を獲得したACミランだが、既存戦力の整理が進まずに選手 …

「過労死は自己責任」ZOZO田端さんの思いが伝わらず批判殺到で退会祭りが発生 #田端信太郎

この記事は私がまとめました Cocochanさん 2018年3月 転職すぐに炎上した田端信太郎さん 出典twitter.com 田端信太郎 LINEで上級執行役員を務めた田端信太郎氏が、2月末で同社を …

【質問】好きな“ゴールパフォーマンス”ってどの選手?

【質問】好きな“ゴールパフォーマンス”ってどの選手? 続きを読む

【画像】宇佐美ファミリーと東口ファミリーがドイツでクリスマス会!

【画像】宇佐美ファミリーと東口ファミリーがドイツでクリスマス会! 続きを読む

×